忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 以前、在日に対し、「この作品の意図するところは、在日が立ち向かうべき相手は、北朝鮮であり、総聯・民団であることをまず理解してほしいということである」というメッセージをお送りいたしましたが、今回は日本人の皆さんにも少し解説をさせていただきたいと思います。
 南北朝鮮、在日に関する問題を是正しようという動きは、ようやく始まったばかりで、ネットに通じている人以外では、盲目的にそうであろうという根拠のない確信で「かわいそうなことをした」という贖罪意識や韓流などを通じてにわかシンパシーを持っている人か、まったく何も知らない、関心がないという人がほとんどで、圧倒的に後者の割合が高いのが現状です。強制連行や従軍慰安婦といったネットユーザーや戦中世代なら誰もが知っている嘘と捏造の塊も、一般の人には未だに事実として伝わってしまいます。
 北朝鮮問題、在日問題を取り上げるにあたりこうした背景があることをまず考慮しました。まず問題のある方に顔を向けていただくために、あえて問題の存在はどこにあるかというところに留めたということです。
 確かに物足りない部分はあったと思います。編集時間の関係で切った「惜しい」シーンもあります。また、本作品は政治宣伝の前にファンタジー作品です。そのエッセンスとしてこの問題を取り入れました。どこまでそれを反映させればよかったのか、という点についてはしばらく結論が出せないと思いますが、「こんなものでは追求がまったく足りない」「在日に何を甘いことを」という批判も含め、日本の隣に問題だらけの2国があり、その2国からコケにされながらも、その2国とのつながりから離れることができず、恩恵を受けている日本に敵対している在日組織が、日本にあるという問題を知っていただく第一歩として、この作品が多少なりとも貢献できればと思います。

最後に荒木勝龍のプロフィールを紹介します。多少なりともこの映画の趣旨が伝わるのではないかと思います。

荒木勝龍
北朝鮮の人権問題や拉致問題、在日社会の問題に取り組む国会議員。身の危険を顧みない勇気ある行動に支持者も多い。特に北朝鮮に渡った身内のいる在日朝鮮人や北朝鮮の人権問題に取り組む人々、拉致問題の解決をめざす人々からは絶大な支持を得ている。しかし、北朝鮮利権に熱心さゆえにその発言も過激になり、ある在日朝鮮人組織から命を狙われることになる。そして運命の講演会の日、放たれた凶弾によってもっとも信頼していたボランティア青年藤原武雄を失うことになる。しかし、藤原武雄の魂を託されたかん天平一造によって、再び立ち上がる勇気を取り戻し、巨悪に立ち向かう。元在日朝鮮人。


 それにしても、ここ数年の半島問題に対する意識の変化は、まだまだ途上にあるとはいえ、ずいぶんと変わったものです。この変化がさらに加速されることを願ってやみません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]