忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日は春分の日、そして週末は「かん天な人」

季節が冬から春へと移るひととき、21世紀ニッポンの悩める問題をぜひ考えて見てください。

12年前の出来事です。いつものように仕事に出かけるはずだったのですが、いろいろあってその日は休むことにしました。そして、ヘリの音で目が覚めました。地下鉄サリン事件が起こったのでした。いつも通り出かけていたら、間違いなく巻き込まれていました。

監督が心配して電話をくれました。家族や親類、友人からも電話をもらいました。

人の命の尊さとはかなさ、そして命を奪うことがいかに卑劣で残虐かを思い知らされた一日でした。

偶然難を逃れたことに安堵するとともにうしろめたさのようなものも感じました。

あの事件が自分にとってなんだったのか、その答えは未だ出てきていません。

もしかすると、そのとき「生き残った」という思いが、人の命を踏みにじる北朝鮮やその手先となっている朝鮮総連などに対するアクションの原動力となっているのかもしれません。

ともあれ、国内においては数々の不法行為で無辜の日本人を何人も殺し、北朝鮮においては飢餓や粛正で何人もの人民を殺した明々白々な事実を顧みず、「被害者面」する者、それを「盲目的に支持する者」が今もこの世にいます。この事実を放置していては、無念のうちにこの世を去った人々に顔向けできません。

この映画が、そのことに気づくきっかけになることを願っています。

今週末、飯田橋で会いましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
昨日映画を拝見した者です。
思ったより柔らかく、楽しい作品でした。
作品の各所にちりばめられたネタも、全部は分らなかったので、
解説本等があると良いかもしれません。
あと、セルDVDなどのパッケージを作って頒布するとか、
動画ファイル化して、インターネット等で有料配信する等すれば、
より多くの方の目に触れられるのではないでしょうか。
まほきゃすと URL 2007/03/25(Sun)22:48:33 編集
ご来場ありがとうございました
先日は上映会にお越しいただきありがとうございました。また貴重なご意見ありがとうございます。
一人でも多くの人に知っていただけるよう今後とも努力いたします。
よろしくお願いします。
米田隆司 URL 2007/03/27(Tue)19:30:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画
一昨年 人権擁護法案反対運動の東京ビラ配りのメンバーへのインタヴューをまとめた ドキュメント映画足もと2005 (動画が見れます) が山形国際ドキュメンタリー映画祭2007 (10月4日〜11日開催)にエントリーしましたこれは是非とも皆さんに見てもらいたいものですね....
URL 2007/03/30(Fri)11:43:28
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]