忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[63]  [62]  [61]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督の話にも出てきた「血と骨」は
在日社会の素顔を赤裸々に淡々と描いているところも
すごいところだと思います。
むしろそこを描くことで在日が特別な人々ではなく、
普通の人々であることがわかる。
在日まんせーの「パッ●ギ」とはその辺が根本的に違う
感じがします。
あれでは、どこか遠い国の人々に見えてしまう。

主人公の野心や物欲、暴力も自分たちの歩んできた
足跡のひとつを表すものとして描けており、
そこに余分な判断や批判を加えることなくそのように
見ることができるのは、原作者、監督ともに
当事者である故かとも思います。
第三者が描こうとすると、いい意味でも悪い意味でも
フィルターがかかってしまい、ああも淡々とした
流れにはならないでしょう。

冒頭、主人公が済州島から移民船で内地に入るところから
始まり、大阪を目にした乗客たちが歓呼するシーン、
日本人顔負けの戦時中の戦意むき出しのシーン、
戦後民族学校として乗っ取ってしまった公立学校
人民裁判をやるシーン、長屋を不法改造するシーン、
共産党とつるんで火炎瓶闘争をするシーンなど、
いままでマスコミが伝えなかった、伝えたくなかった
出来事が盛りだくさんです。
圧巻は帰国事業事業で、大阪駅で新潟に向かう列車に
乗った帰国者達を金日成を讃える歌で盛大に送り出すシーン。
「向こうについたら手紙出すわ」とお別れの台詞があり、
それに「手紙はこなかった」というナレーションが
続くところなど切なくてたまりません。
ついでにいうと、主人公の娘が、好意を寄せる
青年の気を引こうとして差し出したのが、
密造酒のマッコリ」。

最後、トラックやら製版機やらトラック・乗用車やら
大量の時計、衣類、靴、そして現金などを献上しながら、
粗末なバラックで凍えながら、歓呼の声に包まれて大阪に
上陸した日を思い出しながら絶命するシーンには
もはや言葉もありません。

たけしの演技に圧巻されるだけでなく、こうしたディテールに
身震いのする超一級の映画と思います。

マスコミはあまりこうした部分を評価しようとしませんけど。
その前に触れようとさえしないですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【映画】血と骨
北野武の存在感が際立っていて、ものすごい迫力の映画です。その生き方がもうむちゃくちゃでやりたい放題、だけどどこかさびしい。ラストに進むにつれ生き方も壮絶さを極めていって、ただただ圧倒されていきました。ハリウッド映画に無い凄みがある作品です。解説: 第11回山本周五郎賞を受賞した梁石日の自伝的小説『血と骨』を、『刑務所の中』の崔洋一監督が映画化した怒濤の人間ドラマ。昭和という時代を生き抜いた男の狂気にも似た生涯を、ビートたけしが怪演する。彼の妻役に鈴木京香、息子には『ラブドガン...
URL 2008/07/31(Thu)14:08:36
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]