忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[69]  [68]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 まず申し上げます。この映画は在日を食い物にする在日組織という構図をテーマのひとつに掲げていますが、これは決して在日に新たな被害者の口実を与えるということではありません。
 では、その意図するところとは? すなわち「敵は本能寺にあり」です。反日煽動に乗せられている在日も何も知らずのほほんと過ごしている在日も、まず自分に害をなす相手が在日組織であり、その先には北の独裁国家、南の棄民国家があるということを認識してほしいのです。在日である監督がこの映画の製作に踏み切ったのもそこに理由があります。
 総聯も民團も在日を守ってきたか? ということを今一度よく考えほしい。外国でそういう活動がふさわしいかどうかはひとまず置いておいて、いったいどれほどの恩恵を受けていますか? 60万人もの同胞が存在しながら、年金ひとつ整備してくれなかったのが実情ではないでしょうか。
 祖国のために在日の懐はあてにしても、何の恩恵も与えず、あまつさえ自分たちが住む日本の社会と日本人に敵対するようなことを、小さな子どもにさえ刷り込むような組織とそろそろ縁を切る時期にきているのではありませんか。
 総聯や民團の主張になんの根拠もないことはいまさら申し上げることでないので、ここでは割愛しますが、彼らの主張の先にあるのは在日を食い物にすることです。日本人より在日を優遇させようとするのも結局は在日から搾り取るものを増やす手段に過ぎないのです。
 まずこのことに気づき、在日自らが自分たちを見下し、食い物にするだけの半島国家とその代理人である組織と手を切ってほしい。ほとんどの在日はこれからも日本で暮らすのです。その日本に敵対するようなことを吹き込む総聯や民團は自分の家に放火しろとそそのかすような連中であることを理解してください。
 そのためにも特別永住資格という双方に不幸な制度は即刻廃止し、在日が普通の日本人か普通の外国人になることを選択すべきでしょう。少なくとも次世代の子どもたちには特別永住資格を継承させず、いずれかの選択で普通の日本人か普通の外国人になれるようにするのが現役世代としての責任と思います。
 今、最後の共生のタイミングです。あえてチャンスとは申しません。応急避難的な制度はいずれ解除しなくてはなりません。ただ在日問題はあまりにも時間を置き過ぎた。だから最後のチャンスではなく、タイミングなのです。

 そういうわけで、私米田は、在日の特権構造の解体こそ急務と考え、桜井誠氏「在日特権を許さない市民の会」に参加することにしました。ACT FACTORY TOPIXとしても協賛、提携させていただき、また監督も在日の立場から、在日への周知啓蒙に協力させていただきます。
 これは短絡的なレイシスト行動ではありません。日本と日本人のための行動であり、ひいては在日にとっても将来の禍根を断ち切るための不可欠なアクションです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]