忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ明日は日比谷での国民大集会です。

「かん天な人」「てんせいな人」のDVDも販売します。

 

その前夜祭となる今夜の在特会生放送に米田隆司も出演します。

今夜はぜひ生放送をお楽しみください。

 

http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php?smode=Daily&caldate=2010-8-21

 
Saturday Night Special Special 第34回
 
~日韓併合100周年記念前夜祭~
在特会定期放送 『 Saturday Night Special 』 のお知らせ
 
在特会 Saturday Night Special 第34回 
放送時間 19:00~
http://live.nicovideo.jp/gate/lv24341781
 
在日特権を許さない市民の会のニコニコ生放送『 在特会 Saturday Night Special 』は、毎週土曜夜に全国各地の在特会関連ニュースや街頭活動の告知を中心にメインパーソナリティが進行する番組です。リアルタイムの双方向性を生かして、視聴者の皆さまからのご意見も募集していきます。土曜の夜は 『 在特会 Saturday Night Special 』 をお楽しみください。
 
<今回の見どころ>
翌日8月22日(日)は日韓併合100周年記念事業 国民大集会 in 日比谷公会堂です。準備に追われる在特会本部の様子をお届けします。
PR

いよいよ明々後日の開催となりました。
米田と朴監督が登壇するのは第二部です。

皆様お待ちしています。

http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php?smode=Daily&caldate=2010-8-22

55642552_19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 8.15の靖国神社前在特会街宣では、たくさんの方からお声をかけていただきありがとうございました。

やはり、リアルにお会いできるのはいいですね。

当日は、お昼過ぎまで、映画関係者としてひたすら宣伝。

15時からは、在特会モード100%で反天連に対するカウンターに挑みました。

結果は……在特会公式サイトで

http://www.zaitokukai.info/modules/news/article.php?storyid=400

 恒例となりました在特会靖国神社8.15.街宣活動。

今回は、8.22.の宣伝がメインです。

毎年プレミアム(?)扱いの在特団扇をぜひ受け取ってください。

団扇裏面は「100年目の真実」を告知する内容です。

 8.22 日比谷での日韓併合100周年イベントで「かん天な人」「てんせいな人」のDVDを販売します。

 

当日は特別頒布価格として

 

「かん天な人」2,000円

「てんせいな人」1,000円

 

となります。

なお、「てんせいな人」は簡易パッケージとなります。

通常よりかなりお得になっています。また、この売り上げが、今後の映像制作の資金となります。

どうか皆様よろしくお願いします。

在特会日韓併合100周年イベント第二部に米田と朴監督が登壇します。 

皆様、8.22は日比谷にお越しください。

日韓併合100周年記念事業 国民大集会 in 日比谷公会堂

~ 朝鮮半島を救った日韓併合の真実 ~

 

日韓併合から100年を迎える今年8月22日(日)、在特会主催で国民大集会を開催します。併合を推進した大韓帝国李完用総理の真意に迫る3Gアニメーション作品 『日韓併合 百年目の真実 ~売国奴李完用が救った大韓帝国~』 (企画・制作/在日特権を許さない市民の会) 上映のほか講演やパネルディスカッションを交え、100年前の日韓併合とは何であったのかを徹底検証します。8月22日は日比谷公会堂にご参集いただけますようお願いいたします。当日の詳細は順次お知らせします。

 

【日時】

2010年8月22日(日)

開場 15:00 開会 15:30  

 

【場所】

日比谷公会堂 (http://hibiya-kokaido.com/ )

東京都千代田区日比谷公園1‐3

� 03(3591)6388 / FAX 03(3591)6389

 

【アクセス】

日比谷公会堂アクセス案内

http://hibiya-kokaido.com/new%20access.html 

 

東京メトロ 丸の内線 「霞ヶ関駅」下車 B2出口より徒歩約5分

東京メトロ 日比谷線又は千代田線 「日比谷駅」下車 A14出口より徒歩約3分

東京メトロ 日比谷線 「霞ヶ関駅」下車 A5出口より徒歩約6分

東京メトロ 千代田線 「霞ヶ関駅」下車 C4出口より徒歩約3分

都営地下鉄 三田線  「内幸町駅」下車 A7出口より徒歩約2分

JR山手線・京浜東北線 「有楽町駅」「新橋駅」下車 日比谷口出口より徒歩約15分

 

【プログラム】

 

第一部

基調講演 『 日韓併合までの歩み 』 桜井誠 (在特会会長)

特別講演 『 韓国反日妄想記念館を嗤う 』 村田春樹 (外国人参政権に反対する会・東京 代表)

 

第二部

在特会 企画・制作 アニメーション作品

『日韓併合 百年目の真実 ~売国奴李完用が救った大韓帝国~』 

制作者トーク&上映会

 

第三部 ※登壇者一部変更(8月9日)

公開討論会  テーマ 『日韓併合100年と混迷の北東アジア情勢』

西村幸祐(評論家・ジャーナリスト) 

高山正之(ジャーナリスト)

田中秀雄(日本近現代史研究家)

平田文昭(アジア太平洋人権協議会代表)

 

日韓併合100年に関する集会声明文採択

 

閉会の挨拶 八木康洋 (在特会副会長)

 

【参加費】

1,000円

会員・非会員を問わずどなたでも参加出来ます。

在特会特別会員は無料

※ 入場時に特別会員のピンバッジをご提示ください。

 

【告知動画】

在特会8.22告知 朝鮮半島を救った日韓併合の真実

<ニコニコ動画>

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11579984

<youtube版>

http://www.youtube.com/watch?v=PtBEWsvBEyk

<PeeVee.TV版>

http://peevee.tv/v/6xpw6d

 

【協賛団体募集】

協賛団体を募集します。ご希望の団体は下記問い合わせ先までご連絡下さい。

メールの件名は 「協賛団体希望」 でお願いします。

協賛団体は配布希望のチラシがあれば持ち込めます。

詳細は当会担当者より返信メールにてご説明いたします。

 

【スタッフ募集】

会員でスタッフとしてご協力いただける方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

スタッフは当日12:00集合となります。

女性会員で受付を手伝っていただける方、是非ご協力お願い致します。

メールには

  件名:スタッフ希望

  本文:会員番号、ハンドル名

を記載してください。

 

【主催】

在日特権を許さない市民の会

 

【協賛団体】

そよ風

 

【問い合わせ先】

在特会日韓併合100年国民大集会係

zaitokukai100@gmail.com

 あまりにも暑すぎて頭がおかしくなりそうですが、本来の日本の夏は厳しい暑さが当たり前。

アニメの音声収録も無事終え、あと1ヶ月ほどで皆様にお見せできます。

日比谷にてお待ちしています。

在特会Saturday Night Specialに朴監督と米田隆司が出演します。 在特会による日韓併合100周年記念アニメ作品「日韓併合100年目の真実〜売国奴李完用が救った大韓帝国〜」について大いに語ります。ぜひご覧ください。 http://www.zaitokukai.info/modules/piCal/index.php?smode=Daily&caldate=2010-7-3

Saturday Night Special 第27回

〜日韓併合100周年映画告知SP〜

在特会定期放送 『 Saturday Night Special 』 のお知らせ

在特会 Saturday Night Special 第27回 (放送時間 19:00〜) http://live.nicovideo.jp/gate/lv20183943

在日特権を許さない市民の会のニコニコ生放送『 在特会 Saturday Night Special 』は、毎週土曜夜に全国各地の在特会関連ニュースや街頭活動の告知を中心にメインパーソナリティが進行する番組です。リアルタイムの双方向性を生かして、視聴者の皆さまからのご意見も募集していきます。土曜の夜は 『 在特会 Saturday Night Special 』 をお楽しみください。 <今回の見どころ> 現在制作中、この夏公開予定、桜井会長原作の日韓併合100年記念映画についてゲストに朴監督をお迎えし、ご紹介します。

「かん天な人」「てんせいな人」は、Park Sinhoと米田隆司のバックボーンに基づいて作られた作品です。両名がくぐってきた「修羅場」というものに裏付けられたものが多々反映されているというところでしょうか。


物理的な修羅場だけでなく、精神的な、もっと言えば存在としての人間そのものの山あり谷ありが、今日の我々につながっています。


とりわけ監督が映像表現において自身の培ってきたすべてを絞りきった結果でもあり、それゆえに一コマ一コマが真剣勝負なのです。この映画をご覧になる方には、ぜひその部分をご理解いただければと思います。


もちろん実際に映画のような世界があるのかどうかといわれれば、それはフィクションということになります。ですが、たったひとつの命が、教えてくれるものはあまりにも大きく、そのほんの一部でも伝えることができたらという意図も両作品にはあります。


舞台設定やストーリー展開にいろいろなご意見やご感想をいただくこともあります。ごもっともと思うものもあれば、ひとこと申し上げたいものもあります。しかしわかっていただきたいのは、そこで言わんとすることは何かということであり、そこから発信するメッセージの深意を汲み取っていただきたいということです。


それぞれが培ってきたリソースすべてを出し切って、今後も作品づくりに精進します。


よろしくお願いします。

朴監督よりアップリンクでの上映会に関して御礼のメッセージです。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

4/26アップリンクの上映会に参加してくださった方、 ネット中継を視聴してくださった皆様に心から 御礼申し上げます。

今後とも映像制作を力強く展開して行きたいと 思っております。

皆様のご声援を心からお待ち申し上げます。


かん天な人 てんせいな人 監督 朴信浩

 

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]