忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「かん天な人」毎月上映します!
3月、4月の上映予定が決まりました。

2007年3月24日(土)
18:30開場 19:00上映
2007年4月14日(土)
18:30開場 19:00上映

東京ボランティアセンターC会議室
(JR飯田橋駅駅ビルラムラ10階 ※2階に書店のあるビルです)
http://www.tvac.or.jp

※入場無料 よろしければカンパにご協力ください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
映画の感想
初めて書き込みします。
まず私は、「コリアン・ザ・サード」でこの映画を知り、それから暫くして「Doronpaの独り言」でも紹介されているのを見て「あ、もうやるじゃん」と思って見に行きました。

感想ですけど、代議士の魂が乗り移る場面等、そういうSF的な場面が分かりづらかったりするので、そういう場面では、CGを使った方がいいと思ったのですが、それだとかなりお金が掛かるのでしょうか?

内容は良いので、自分の出来る範囲内で宣伝とかしています。

その一方で、別の在日監督による「ディアピョンヤン」がマスメディアで大々的に宣伝されていて、何であっちはあんなに宣伝するのだろう?とか思いました。
Sigmentos 2007/01/26(Fri)19:25:01 編集
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。
司会・進行をさせていただいた米田隆司です。

CGなどを使ってダイナミックにやりたいところですが、
おっしゃる通り予算的な壁がございます。
それといいわけではないのですが、この映画は
北朝鮮と在日組織の問題に止まらず、在日自身の
意識の持ち方にも踏み込んだ、世界初の試みをしています。
これまたいいわけではないのですが、
やはりこの部分が最大の肝ですので、
そこを伝えることに最大限力をいれたいと考えています。

その上で、将来機会がありましたら、技術的な部分も
含めリメイク版なども作ってみたいと思います。

ともあれ、もっと露出しなければ話は始まらないので
これからもがんばります。

どうぞよろしくお願いします。
米田隆司 URL 2007/01/28(Sun)00:05:30 編集
体力が問題
東北線に住んでいます、見たいのですが若くないので、帰りが遅くなるのがつらいです、大宮あたりまでは上映にきて頂けませんか。
あき 2007/02/23(Fri)10:04:40 編集
地方上映
コメントありがとうございます。地方上映、近郊での上映はぜひともしたいのですが、いかんせん物理的な問題(主に人員・経費的な部分)でままならない状態です。しかし、地方、近郊での上映を企画してくださる方がいればぜひとも協力したいと思います。また、昼間の上映も可能であれば今後検討しますのでよろしくお願いします。
米田隆司 URL 2007/03/03(Sat)23:38:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]