忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督からのコメントです。本作品にこめられた深い意図は、作品の隅々に及んでいます。役名ひとつにもこれだけの思慮があるという点からも、この作品が単なるブームに乗ったものでないことがご理解いただけると思います。
しかしどんな作品でも埋もれていてはなんにもなりません。どうかDVDをお求めいただき、ご自身の目でお確かめください。よろしくお願いします。

******************************************

「てんせいな人」の制作を終えて

監督:Park Sinho

今回の作品のキャストは前作の「かん天な人」とほぼ同じですが、新たに北のスパイの役等を加えました。その一人が「チャン・プンギ」です。この役は、自分の中にある北の人民を強くイメージしています。

まず、北のスパイが、チャン・プンギという役名になったことについてお話しします。その役を演じた 溜池牧男が、じつは相当な変わり者で、自分と会う度に「ぼくは単なる造糞機ですから」と、本人が自らを糞を製造する機械に例えるようなバカなことばかり言っていたため、「造糞機」という、普通は覚えたくもないような言葉が、自分の記憶の中にしっかりと刻まれていました。そして、この「造糞機」をハングル読みすると、チャン・プンギ という、いかにも朝鮮人らしい名前となるため、溜池の特異なキャラを活かすという意味でも、役名をチャン・プンギにしました。
役名ひとつにもいろんな意味や意図を込めて本作品を制作したわけですが、その由来だけを知っていただくだけでなく、作品そのものが発するメッセージやその背景にあるものをご理解いただくことを何より望んでおります。ぜひ、ぜひDVDをご購入いただき、全編を通してご覧になり、そのすべてをご自身の目でご確認いただければ幸いです。
※DVDは、こちらから購入できます。また、監督である自分と、脚本の米田が出没するところで直接購入することができます。

名前の由来はさておき、この役をイメージさせたもののひとつとして、学生時代(1980年代)に北朝鮮に留学同の代表として、訪朝した友人のエピソードがあります。そのときピョンヤンの親戚が住むアパートにも訪れたのですが、親戚のおばさんは無言でその友人が訪朝したことを喜びながらも、痛ましいくらいに具体的なこと何も話さないという有様だったそうです。おばさんの顔、手はかわいそうなくらいしわくちゃだったとも言っていました。今の自分達の状況や、それに対する不平不満はとうとう最後まで一言もなく、本当に岩のようであったと。
さて、夕方になると、工場労働者のおじさんが友人への手みやげにと酒を持って帰って来ました。友人が、何気なく「どこで買ったのですか」と聞くと、「工場から持って来たんだよ」と平然と言ったそうです。その酒は、そのまま食卓に並べられたそうですが、一口飲むとどうも酒ではなく工業用のアルコールだと分かったため、友人は、飲むのをさり気なく止めたと言っていました。

そしてもうひとつ、自分が上京して2年くらいたった1991年頃、北朝鮮の映画監督に聞いた話があります。現在は有名になりましたが、当時はまだ駆け出しだったシネカノンの李鳳宇氏が、来日中の監督との酒席に自分を呼んでくれたときのことです。自分もまだ20代と若く、他人に対しても聞きたいことは率直に聞く、という感じだったので、せっかくの機会を逃すまいと、李鳳宇氏にお願いし、その監督に「有名な俳優になるためにはどうしたらいいのか」と聞いてもらうことにしたのです。李鳳宇氏はその場で監督に質問を朝鮮語にして伝えてくれました。
質問をすると監督は、「何事も不平、不満を言わず、とにかく何でも、何でも何でもやり続けることだ。とにかく何でも我慢して、我慢して我慢してやることだ」と力説し、旧ソ連に映画留学をしたときのことなどを話してくれました。留学中はとにかく何もなく、酒を飲むにしても、日本の安い居酒屋で出されるような食べ物すらなく、目の前にあるのはウォツカだけということもしょっちゅうだったそうです。そんなときは、「少し汗ばんだ自分の脇の匂いを嗅ぎ、塩をなめているときに気分になってウォツカを飲み干した」、そんな内容の話を、李鳳宇氏が日本語にして教えてくれました。

以上のようなイメージなどを主なリソースとし、考え、設定したのが、「チャン・プンギ」という役です。

その当時の自分は、米帝の侵略を避けるために北朝鮮の人民は、懸命に祖国のために尽くし、それぞれの働きを持って北朝鮮の国家運営に寄与しているのだと強く認識していました。

しかし現在では、単なるバカな主席に操られ思想統制され、その行動のひとつひとつも統率されていただけにすぎなかったと思わざるを得ない次第です。
 

******************************************

偶然なのか必然なのか、この「チャン・プンギ」という名前からして、北の人民が置かれた厳しい状況に通じるところがあります。肥料が不測すると、「人糞」のノルマが課せられると聞きます。それが事実なら本当に造糞機をさせられているということになります。


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]