忍者ブログ
映画「かん天な人」「てんせいな人」を始めACT FACTORY TOPIXの作品情報、米田隆司、Park Sinhoの主張、メッセージなどをお知らせします。
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京都小平市が、在日特権解消に向けて動き出した時代に逆行し、法の下の平等、格差是正を踏みにじる措置をとろうとしています。
不当特権を許さない。国民として、市民ととして、行動するときがやってきました。

●ありとあらゆる自分が発言できる場でこのことを紹介する
●小平市に抗議のメッセージを送る(市民でなくとも年金問題は全国民の問題)
●小平市自民党議員に応援メッセージを送る
●地元選挙区の議員に問題提起する(地方議員、国会議員、首長問わず)
●ともかく機会あるごとにこの話題を持ち出す

特に電話や対面での直接抗議は効果的です。空いた時間にひとこと電話をいれましょう!
(下記作成には在特会メールマガジンを参考にしています)

先日行われた小平市における「年金掛け金を払っていない」不逞在日を対象とした福祉給付金制度への抗議活動の続報です。現在、小平市議会では自民 党会派政和会が中心となってこの問題を公明党と協議している最中との連絡がありました。そもそも、この日本国民を冒涜しているとしか思えない「在日特権」 を推進してきたのは公明党・創価学会でした。

自民党は市政の安定や次の市長選での共闘体制を鑑みて今回の決議案に賛成に回ったとのことでしたが、先日の在特会による抗議活動によって事実と違 う公明党の虚偽の説明(※)が明らかになったこと、抗議活動が行われたこと自体を受けて決議案への再考を行っているとのことです。公明党から提案された決 議内容・年金問題について精査せずに委員会の決議採択で賛成に回った自民党側の対応は極めて問題があると言わざるを得ませんが、今は自民党への批判よりも この瞬間に小平市で誕生しようとしている在日特権をつぶすことを優先させるべきであると在特会は判断しています。

※公明党は自民党に対して「在日に日本政府が(年金加入の際の)経過措置を取らなかった」「そのために在日無年金者が生まれたので救済が必要」と 説明していたようですが、日本政府は1982年に国民年金を外国人に開放する際に6年間の特例期間を設けて「掛け損」にならないように配慮して外国人の年 金加入を促しています。

先述のとおり、小平市の自民党は議会勢力でもあるいは次の市長選においても公明党に頼らなければならないという重荷を背負っているため、採択の阻 止は極めて難しい情勢だと聞いております。実際、在特会の抗議がなければすんなり通った決議案だったことでしょう。しかし、こうして在特会の抗議活動で小 平市の自民党が動いていることは事実であり、我々の活動で小平市の政治が動いているのです。それはわずかな希望でしかありまえせんが、わずかでも希望があ るのなら小平市で生まれようとしている在日特権を叩き潰すために全力を傾けるべきです。

そこで、在特会のすべての会員、および会の活動へ賛同いただいております皆さまに緊急のお願いです。

--------------------------------------------------

1.在日無年金者への福祉給付金制度に賛成している公明党及び小平市長小林正則へ抗議のメールを送ってください。また、メールだけでなく電話・ファクスもお願いします。

公明党問い合わせフォーム
https://www.komei.or.jp/contact/index.html

公明党小平第4支部長 市議会公明党幹事長 浅倉しげき
http://www.komei.or.jp/giin/kodaira/asakura_shigeki/
042-341-7850
nyantan28-28@flute.ocn.ne.jp

小平市長小林正則へのメールフォーム
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/001/001841.html
秘書広報課の紹介
市政に関する意見・要望(市長への手紙・市政への提言)などの受付もこちらです。
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/sections/hisyo/index.html
■電話番号
042-346-9502(秘書係)
042-346-9505(広報係)
042-346-9508(広聴担当・市民相談の受付)
■FAX
042-346-9605(秘書係)
042-346-9507(広報係、広聴担当)
■電子メールアドレス
hisyokoho@city.kodaira.lg.jp


2.今、小平市で決議採択阻止のため動き出した自民党(議会会派政和会、小平市議団)へ応援のメッセージを送ってください。

小平市議団のホームページがないため、下記フォームから小平市議団への応援メッセージをお願いします。
東京自民党の問い合わせフォーム
http://www.tokyo-jimin.jp/inquiry/index.html
小平総支部 042-341-0134


--------------------------------------------------

今、我々にできることはこの程度でしかありませんが、この程度でもやらないよりはましであり、もしかすると今回の決議案採択を止めることができるかも知れないのです。
もし小平市でこの無年金在日救済という在日特権の誕生を阻止できれば、ほかの自治体への影響も計り知れないほど大きく、またすでに無年金外国人への福祉給付金支給の措置をとっている自治体へ、制度撤回を求める武器にもなります。

特に今回の決議案については市長小林正則が賛成に回っており、先述の連絡をしてくれた方の話では小林の意向如何によって決議案はどうにでもなると のことでした。この小林は元民主党都議であり、多摩地区の共産党と選挙協力して当選した人物です。不逞の極みにある極左市長ですが、自分の政治生命を脅か すほど多くの抗議が直接送られれば少しはこの問題について考えるのではないかと思います。

テンプレートを用意しようかとも思いましたが、何よりこの問題で怒りをあらわにしている国民の皆さまの声をダイレクトに伝えるほうが効果的である と判断し、あえてテンプレートは用意しません。皆さまの思うところを抗議あるいは、現在決議案採択阻止に動き始めた自民党への応援としてお送りください。
今回の「在日特権付与」決議についてはこの数日が勝負になるとのことでしたので、何卒皆さまの迅速なご協力をよろしくお願いします。

※この問題の詳しい経緯は公式サイトの小平市関連のニュースで確認ください。
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=96
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
協賛
プロフィール
HN:
米田隆司(ACT FACTORY TOPIX)
性別:
男性
自己紹介:
ACT FACTORY TOPIX
事務局代表兼脚本担当
古賀大造名で出演もしています。
E-mail
Copyright © 映画「かん天な人」「てんせいな人」他TOPIXオフィシャルブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]